japanesesong

Ichihara Lakeside Museum

市原市に美術館?そんなものはあったかな?
僕は千葉で生まれ育ったけど、市原市に美術館があるなんて、この日まで知らなかった。
ちょうど僕たちが東京に行く時、いちはらアート×ミックスというものがやっていた。瀬戸内国際芸術祭とかと似たようなイベントで、街全体がアートの場となる。事前に色々調べて、場所がやや広範囲に広がっていたのと、チケット代が思っていたより高かったので、今回はリニューアルされた美術館だけに行くことにした。

市原湖畔美術館、名前の通り湖のほとりに建設されている。イベントが開催されていたものの、そこまでの混みようではなかった。ゆっくりとみることができたのでラッキーだった。
建物自体はそれほど大きくないものの天井が突抜の空間もあったりして、外から見るよりも中に入ると広く感じる。
今回のイベントの開催に伴いメインとなる展示・Collective Memoriesがインパクトのある作品が多かった。展示室に入ると目の前にはDavidにとって好きでたまらない素材たちがずっしりと展示されていた。骨、バナナ、量り、アイロン、ペンチ、Diorのハンガー!数えきれ切れないヒトの骨と道具が組み合わされたものがひたすら並べられている。骨だけだったら、ぞくっとしそうな場面も、ヒトが使う様々な道具と組合わさるとコミカルな雰囲気に変わる。こういったアートは見ていてすごく楽しい。
館内はそこまで多くなく、1時間もあれば十分に回れてしまうぐらいの規模だ。展示されているものは、市原市に関わりが深いものや、関係のないもの、こじんまりとしているわりには色々な作品に出会えることができる。
美術館の横に小さなレストランがあり、市原で採れた野菜などを使ったピッザを食べることができる。車を運転していなければ、ワインでも飲んでのんびりしたかった。
イベントの会期中だったせいか、少し人も多かった。今後どんな展示をしていくのか興味がわく美術館だったけど、ただ、まわりに何もないので、この美術館のためだけに戻ってくることは考えにくいと思ったのが率直な感想。周りにお店や小さなギャラリーとか、もっと街がにぎわい始めたら、人も自然と集まるんだろうな。

力を入れているらしい、お土産のパッケージデザインがどれも素敵でした。
(何も買わなかったんだけども。。。)

We had been visiting Koichi’s family for a couple of days and decided to stop by the Ichihara Lakeside Museum for part of the Ichihara Art Mix International Festival. The museum itself is a beautiful Ando-esque building situated on the banks of a small lake in Chiba prefecture. From the museum, it was possible to access a few other site-specific installations positioned around the lake and nearby locations.

At the museum, there was one particular exhibition that really stood out for me. It was titled Collective Memories and showed the work of three artists; Lin Tianmiao, Alfredo & Isabel Aquilizan, and Stahl Stenslie. I’m easily taken by work dealing with personal history and memory, and I’m certainly a sucker for a skull and a few scattered bones. Chinese contemporary female artist, Lin Tianmiao had arranged hundreds of sculptures created from synthetic human bones assembled with tools and other objects she collected from abandoned schools in the region. Haunting and exquisite. At one point, a little girl came into the gallery accompanied by her parents. She soon broke free from her fathers hand and began some of the most unusual interpretive dance moves in the middle of the gallery, barely noticing the rusty chainsaw attached to a clavicle, or the the Dior coat hanger protruding from a pelvic bone.

Koichi and I later spent some time engaging with Stahl Stenslie’s interactive installation entitled, Ichihara Tales. The Norwegian artist had recorded stories from local people in Ichihara which played when the viewer touched a particular area on a map he had created of the region. Touch-sensitive sensors triggered these recordings and controlled the light bulb hanging from above. These intense and mesmerising pieces left me needing a glass of wine and luckily after a brief stop at the museum shop, we enjoyed a lovely lunch and most satisfying glass of white (except for poor Koichi who was driving) at the restaurant outside.

Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art
Ichihara museum of art

Trip information

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>