japanesesong

Nagoya and Toyota

Happy Birthday to me!

誕生日の朝、ディビッドがにやにやしながら、サプライズのプレゼントくれた。
眠気が一気にさめ、プレゼントをあけた。鉄製のポットと琺瑯のカップに、ヴィンテージの箱!二人で住んでいると、こうしたサプライズがともて難しい。なぜなら隠す場所がないから。でも、僕はプレゼントがクローゼットに入っているなんて、全然気がつかなかった。good job, my Sweet boy!

新幹線に乗り、この日は名古屋市内と、豊田市にある豊田市美術館へ。
京都から名古屋までは新幹線でたったの30分で行けてしまう。こんなに近いのに、2人にとって初めての名古屋。今回の目的は名古屋市美術館と豊田市美術館。名古屋市美術館では、「親子で楽しむアートの世界 遠まわりの旅」という企画展がやっていって、美術館の所蔵品と現代美術アーティスト作品を混ぜた展示になっていた。その中でもメキシコ出身のアーティスト・フリーダ・ガーロの作品がとても印象的だった。その中でもワンピースを着て、花を持った少女が仮面を被っている「死の仮面を被った少女」が一番良かった。

美術館を後にし、次の美術館がある場所、豊田市へ。豊田市までは電車で1時間ぐらいかかるけど、地下鉄から乗換なしで行けたので、あまり不便を感じなかった。駅に着くと、名古屋市の次に人口が多い市というだけあって、駅前は広々としていた。美術館へは、駅から少し遠く、かつてお城があった場所に美術館が建てられているので、坂が多く距離はすごく離れているわけではないけど、少ししんどかった。坂を登り終わると、鉄とガラスでできたシンプルながらも迫力のある建物が現れた。建築は谷口吉生さんで、ニューヨーク近代美術館新館も手がけている。あと、僕のお気に入りの場所、葛西臨海水族館も彼が手がけている。
芝生の緑と、青緑がかったコンクリートの壁、ガラスの薄緑色、建物全体のクリーム色の配色がお互いに強調しすぎることなく、自然とマッチしいた。階段から2階へとあがると、人工池があり、その隣にはレストランがあった。お腹が空いていたから、展示を見る前にまず腹ごしらえ。ディビッドはお腹が空くと機嫌が悪くなるから、ここでしっかり食事をしておかないと、後で大変なことになる。レストランはランチとディナーで時間がわかれていて、入った時はランチタイム終了5分前だったから、ギリギリ間に合った。
今日は僕の誕生日なので、ランチはデザート付きのコースメニュー。休日だけど、館内は空いていて、窓際の市内がきれいに見える席に座れた。そこから見える景色のちょうど中央に豊田スタジアムが見え、スタジアムの屋根を支えている両脇にある柱が触角のように見え、なんだか異様な景色だった。
昼を食べた後、館内の展示を見て回った。愛知出身の画家の絵が時系列で展示されており、ある段階で、絵の描き方ががらっとかわっているのが面白かった。その後、美術館を後にし名古屋市内へ戻った。市内にノスタルジックマーケット金山というアンティークマーケットがあり、掘り出し物を求めその場所へと向かった。昭和やそれ以前のものが並べられており2人とも目を輝かせながら物色し始めた。僕はヴィンテージの招き猫が欲しかったが、数万円もしたので、断念。同じ店で琺瑯の大きなトレーが売っていたので、それを買った。植木鉢を並べるのに役立ちそう。
夜は京都で食事をする予定があり、名古屋をはやめに出た。

お互いの共通の友達、あかりが小さなフレンチレストランを予約してくれた。そこへ向かう前に、インスタグラムを通して知り合った友達、Aronと会った。インスタグラムを通して人と会うのはお互いにこれが初めての経験。インスタグラムってそんな機能もあるんだなーと感心した。
フレンチレストランでは、サプラズがあって最後にデザートを頼んだ時に、店の照明が消えバースデイソングを歌ってくれた。まったく予期しいなかったので、すごい嬉しかった。ありがとうみんな!
彼らのホームページ・ブログも素敵なので、見てみてね。
ACARII : http://aaccaarrii.wix.com/acarii
Aron : http://youcanmakeiteasy.blogspot.jp/

[✓] 31 – 40
Happy Birthday and welcome to my box, Koichi!

After the birthday boy had finished opening his gifts in bed, we rushed to catch the bullet train to Nagoya – a large industrial city located about 140 kilometres from Kyoto and only 30 minutes away by train. For both of us, it was our first time to visit Nagoya. There was an exhibition being held at The Nagoya City Art Museum we both wanted to see. I was intrigued by the poster when I first saw it – a couple of bones and dead things and a little caption that read “Enjoy the art world with your loved one. Thinking about our existence”. The perfect birthday outing! Haha. The exhibition had a particularly strong focus on Mexican Art, and from the start, Koichi and I were both drawn to Frida Kahlo’s tiny painting called Girl with Death Mask. So much so, that a gallery staff member asked us to step back from the work because she felt we were getting a little too close. To be honest though, this small painting was perhaps the most interesting work on display in this rather poorly curated exhibition. Oh, and besides Sophie Calle’s work – her Blind Series is beautiful. She is without a doubt one of my most favourite living artists.

Later in the day, we took a one hour train ride south to Detroit’s sister city, Toyota – not to visit the car museum, but The Toyota Municipal Museum of Art instead. Walking from the station to the museum took a bit longer than expected. We seemed to have missed the shortcut and ended up circling the hill the museum is built upon. I think Koichi could see I was frustrated and tired. He told me not to be so grumpy because it was his birthday. But truth be told, I was just really hungry.

We eventually made it to the top of the hill. Where the ancient Shichishu Castle once stood, now stands a glass and concrete museum with severe angles overlooking the city. We were lucky to have made it just in time to enjoy the lunch menu at the museum restaurant – thank goodness – (Koichi had already told me a couple of times to liven up) – it was his birthday! Even though we only got to see the museum, making the trip to Toyota was worth it. The museum is an architecturally exciting place to explore and I was glad that we could also see an extensive collection of work by Japanese painter, Haru Miyawaki.

Koichi and I made it back to Kyoto just in time for a small birthday dinner at a new French restaurant downtown. Our lovely friend Akari wanted to have a little dinner celebration there for Koichi – she had already organised the staff to sing Happy Birthday to him when we ordered dessert! Koichi and I were also super glad that Aron could join us too. He recently moved to Tokyo from Hawaii and was visiting Kyoto for a few days. He’s such a warmhearted and funny guy and his Instagram pictures and incredibly charming blog fills me with such joy.

Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art
Toyota municipal museum of art

Trip information

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>