japanesesong

Taipei

年末にJetstarで台湾へ。関西国際空港から片道約3時間、1万円ちょいで行けてしまう。ここ京都から東京まで新幹線で行くより安い。そんな魅力的な場所へ、年末前にふらっと行ってきた。
台湾桃園国際空港から台北市内までバスで約1時間ほど。高速鉄道はやや高めだけど、バスはすごく安い。値段も驚きだけど、バスの古さにもびっくりした。まず日本ではないなーという古さ。きれいでちゃんとしていることが当たり前になっている自分の中の価値観を良い意味で壊してくれた。バスが古かろうが、がたついていようが、ここに住む人はみんな気にしない。

市内に着き、日本でいうスイカのようなチャージできる地下鉄のカードを購入。ガイドブックにはセブンイレブンで買えるらしいことが書かれてたけど売っておらず、結局、地下鉄の窓口にて購入。地下鉄の料金がものすごく安くてびっくり。
近代的なカフェや、コンビニなどで買う飲料水、贅沢品の物価は日本とさほど変わらない。食べ物もちゃんとしたところに行けばそれなりにする。ただ、屋台とかナイトマーケットで売っている食材は、すごく安い。
この物価の差がなんだか不思議だった。
気温は、比較的温暖とはいえども、雨だったせいか結構肌寒かった。5日間もいたのに、一度も晴れず毎日肌寒かったのが残念。

初日は夕方着いたので、ホテルにチェックインを済ませナイトマーケットへ。屋台が連なる商店街は人でごったがえしていた。食べ物から、雑貨など何でも売っている。日本の居酒屋の客引きもすごいが、ここの客引きも負けたもんじゃない。気がつくといつの間にか、テーブルに案内されていた。メニューのすべては理解できなかったけど、いくつかの漢字で判断できた。台北初日、ビールとよくわからないけど、美味しくて、安い夕飯に乾杯!

2日目、3日目はとにかく地下鉄を利用して台北市内を歩きまくる。ただ、雑貨やとかは日本より遅く12時ぐらいにオープンするところが多かった。色々な店をみてまわり、日本から輸入されたものが結構多いことに驚いた。欲しいなと思った陶器は日本の作家だったり。超高層ビルで有名な101付近は、近代化が進んでいて、デパートなどが集中しているエリア。三越とかSOGOがいたるところにあって、なんだか日本にいる感じだった。
そんなデパートだらけなエリアから遠ざかったところにある問屋街・迪化街。まっすぐのびた通りのいたるところに、乾物や漢方薬、生地などが売っている。歴史あるエリアだけに、建物も古くからあるものが多く。まさに僕がみてみたかった景色だった。
アンティークショップを探していることをたまたま入ったお店の人に聞いたら、その場所まで案内してくれるという、すごく優しい方だった。彼のおかげで、いいお店をみつけることができた。

まる一日台北にいられる最終日は、台北から少し離れた骨董街へと足を伸ばした。台北の駅から地上を走る電車に乗ること約30分ぐらいで着けてしまう。駅から少し歩いたところに、骨董街とうエリアがぽつんとあり、一カ所に集約しているので楽に見てまわれる。魅力的な店から、うーんと思うような店まで色々。メインはやっぱり茶器で、カラフルで現代的なものからクラシックで渋めなものまで幅が広い。色々と物色し、市内へ戻る。
晴れた日は1日もなかったけど、親切な人ばかりで、また行きたいと思わせる旅だった。台北で買ってきたものは、いつかお披露目しますよ!

It’s a warm place to visit when you want to escape the harsh winter in Japan, and traveling to Taiwan’s capital is in fact a lot cheaper than a return ticket from Kyoto to Tokyo.

When asked what I enjoyed the most about Taipei after my first visit in 2011, I told people that I enjoyed the food. Oh the food! It’s insanely delicious and most of the time it’s unbelievably cheap. There is an energy in Taipei that is exciting and rejuvenating – which I guess comes with a city that enjoys to eat and drink all the time. People are friendly and easy to talk to. Even if they speak only a little English or Japanese, they’re not afraid to use it.

During this trip, we visited two particular area’s which I loved. On Christmas day, we headed to the Datong district in the west of the city and spent the day in and out of cafes and secondhand stores. The Artyard complex was my main drawcard to this area. It’s situated inside of a 1920’s shophouse and is truly a celebration of design and 1920’s Taipei. But we also soon discovered many other wonderful places. For a long time, the area has been well-known for tea and fabric stores and also some of the wealthiest homes in the city. It was wonderful to see a very old, retro part of Taipei.

On Boxing Day, we took a local train south to Yingge – a small ceramic town situated thirty minutes outside of the city. The main shopping street was filled with shops where we found some beautiful old and also contemporary ceramics at various prices. Many of the stores were stuffed with a mishmash of knickknacks and random pieces of ceramics. While fun to shop at if you’re looking for a bargain, it was far more worth visiting the smaller shops that specialised in a particular type or style of ceramics.

Our last few days in the capital were spent eating, searching for the best pearl milk tea shops, tasting and buying excellent quality Taiwanese tea, getting lost and discovering many new places, walking under canopies of red lanterns in temple grounds, night markets, and of course – more eating.

I love Taipei. I even came pretty close to buying a shirt that said it.

Trip information

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>