japanesesong

Tamba-yaki (pottery)

丹波篠山の旅、第二弾。
前回行った篠山市の中心部からやや西側に行ったとろに今田町とういう日本六古窯の一つ、丹波立杭焼で有名な場所がある。
町に近づいてくると、小さいカフェや陶器を生産している窯元が現れてくる。
それぞれ家には窯元の名前が書いてあり、大きく構えているところや、こじんまりとしたところなど、それぞれに特徴があった。
広い駐車場があり、そこに車を止めて歩くことにした。
ゴールデンウィークの最終日だったせいか、人もまばらで空いていた。
民家が集まっているところに行くと、路地の名前が書かれた看板がたっており、ともてかわいらしかった。やきもの通りには名の通り当陶器を使ったモチーフがコンクリートに埋め込まれていて、なんだか歩いていると楽しくなってくる。
ただ、やっぱり人が減っているせいか、集会場のような場所は本来の機能はしておらず、倉庫と化していた。
路地は平坦な道から山の方に登っていく坂などもあり、窯元路地歩きというもののかってに民家に入り込んでしまったような気がしてしまった。ちゃんとした店を構えているような場所もあれば、棚に無造作に陳列されているところもあって、人もいなかったりいたりと、すごく平和だなーと感じさせる雰囲気だった。
やきもの通りを歩いていると、坂道に作られた登窯というのが現れてくる。明治時代に作られたもので、今現在も共同釜として使われているらしい。窯の先にはお墓があり、ものが作りだされる場所とこの世を去った人たちが眠る場所、そのコントラストがなんだか印象的だった。
ふらふらした後、道路をはさんで反対側にある古めかしい神社へ行ってみた。住吉神社と呼ばれるもので、秋になると豊作を願う『蛙おどり』というものがこの神社で行われるらしい。実際に蛙を放すわけではないのだろうけど、蛙が大っ嫌いなDavidにぜひみせたかった。蛙よりも素早い動きで逃げ出すだろう。

色々と窯元を見てまわったものの、特にこれといって買いたいなと思うもがなく、最後に行った大雅窯というところが他の窯元と色使いなどが大きく違い、素朴ながらも現代的な陶器が多くある印象だった。
僕はブラック、Davidはブルーのカップとプレートを買った。丸くて、手に持った時にすごく馴染むのがいい。

週末に来れば、開いている店もありそうだったからまたいつか来てみたい。

I try to live life without having any regrets. To be honest though, I regretted not buying the beautiful blue teacup I saw the last time we visited Sasayama. It was really lovely. The artist had glazed the cups and plates with the most electric ultramarine blue possible. I imagined it would be an exquisite experience to drink something warm and comforting from it on those days when I felt a little…blue.

It’s an early spring morning, the weather is absolutely perfect and it’s our second trip to Sasayama – a small rural town about an hour by car from Kyoto city. We weren’t traveling all the way to Sasayama just for that blue teacup…we wanted to see the old ceramic town which we never had the time to go to last time. We parked the car close to the Museum for Ceramic Art, and strolled through the little town’s narrow streets, discovering a large amount of family-run ceramic shops and open studios. The people living in this area were so outwardly welcoming and there was a strong sense of community which could be seen everywhere, from the communal clay firing kilns (dating back to the late sixteenth-century) to the small graveyard that stood at the top of the hill.
 
Then there’s the large, concrete community centre. And it’s abandoned. The front door is heavy as I push it open. I don’t see any spiders or cobwebs. I look back at Koichi who is still standing outside. He looks nervous, a little scared. Inside, there are old vitrines filled with pieces of broken ceramics and crates of dirtied wine glasses. The curtains have deteriorated so badly from the heat and humidity, but beautiful in their decay. From the top floor window I can see an old man with his granddaughter leaving the graveyard. We take a few pictures around the building and then head back outside into the fresh air.

We make our way towards Shirotsubaki – a charming café and antique store. This lovely place is also connected to a much larger vintage store across the road. We couldn’t resist the enticingly good smell from the café, so we stopped for a while and ordered some very satisfying afternoon treats! After our tea-break, Koichi makes a quick purchase from the attached store – a second-hand kimono for 1000 Yen. He wants to make a pair of pants for the summertime. He has a vision and I think he’s going to look adorably stylish.

I remind Koichi that we need to make one final stop before we go home, and that’s at Taigai-gama, home of the beautiful blue teacup I’ve been dreaming of.

tea cups

Trip information

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>